校章

広島県立賀茂北高等学校

Hiroshima Prefectural Kamokita Senior High School

小さな学校大きな夢!

お知らせ > 警報発令時の対応

警報発令時には,既に配付している「「警報」が発令されたときの「始業時刻の変更」または「臨時休校」について」(リンクPDF)に従って行動してください。なお,以下にPDFでリンクしているものの内容と同一の内容を参考のために掲載しています。

「警報」が発令されたときの
「始業時刻の変更」または「臨時休校」について

本校での警報が発令されたときは,生徒の通学時における安全確保のために次のように「始業時刻の変更」または「臨時休校」の対応をとります。御協力をお願いします。
ここでいう,「警報が発令」とは,東広島市に「特別警報」が1つ,又は,大雨,洪水,暴風,大雪,暴風雪の警報が2つ以上発令されているときをさす。(波浪,高波警報は除く) なお,休校の場合は,後日振替授業を行います。

1 平日の場合
1.午前6時30分の時点で,警報が発令されている場合は,自宅待機とします。
2.午前8時30分までに,警報が解除された場合は,3限目から授業を行います。
3.午前8時30分までに,警報が解除されない場合は,臨時休校とします。
・広島地方気象台の発表を基に判断しています。
・気象庁HP,日本気象協会(tenki.jp)及び電話による気象情報(177番 有料)で確認してください。
・警報の発令には,様々なケースがあるため,不明瞭の場合は学校にお問い合わせください。

2 その他の場合
1.模擬試験等については,前日の下校時までに実施の有無を判断します。延期の場合には,原則,翌日実施します。
2.部活動等については,当該顧問等が「平日の場合」に準じて判断し,別途指示します。
3.定期考査については,平日の場合に準ずる。ただし,警報が解除され,3限目から開始する場合は,昼休憩をはさみ実施します。休校となった場合は,考査最終日の翌日に実施し,その他の予定は変更しない。